スターウォーズギャラクシーズの銀河の片隅で生活するcapuraの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

capura wars epⅢ 蒼のナイトp-a-dさん

 ここは、惑星タトゥーインのモスエスパ
右も左もわからない若者が夢を求めてウロウロしている町
 その中にcapura'jrはいた。
戦いに傷つき、食べるものもなく、頼みの愛機z-95は傷つき、修理のcrはそこを尽き、ドックに収容されていた。『だ、だめだ・・・こんなことでは俺の夢は同盟軍のエースパイロットになるのが夢じゃなかったのか・・・・。』
 途方にくれ、シャトルポートでたたずむcapura・・・疲れ切った表情に悲壮さも伺える。『だめだ、誰かにhelpしてみよう。』capuraにはそれしか道が無かった。
 人が何人か通り過ぎるがなかなか声を掛けれない。よし次だ!次の人に必ず・・・・。そこに現れたのがp-a-dさんだった。(以下pさん)
『あのーすいませ~ん。。。。』聞こえてなかったのかpさんは一度はシャトルに乗っていってしまった。。。うう、どうしたらいいのだ。と。思った瞬間。『ごめ~んよんだ~。』の声!。
 そう、わざわざ戻ってきてくれたのだ^^うれしかったよ~ capuraはほんとにうれしかった。
 capuraは今の自分の現状を事細かく説明していた。『え~とね。う~んとね。それでね。。。ETC』
 Pさんは静かにうなずいていた。そしてcapuraにいくつかアドバイスをした。capuraはそれを聞き入っていた。Pさんは別れ際にcapuraに50000CRをそっと渡した。capuraは驚いた。『いいのでしょうか。。』
    

 その時のお礼をもう一度だけでも言いたい気持ちがあるが、今となっては・・・・うう。移転前にもう一度探して、あいたかったな~;;
 Pさんがなぜ蒼のナイトかというとメレーで蒼のパデットをいつも来てたからです。Pさんも初期のcapuraを助けてくれたナイトでした。
                      感謝^^
未だにエースになって無い私W

 
スポンサーサイト
コメント
このシリーズ面白いね~。
何気にカプさんのブログで一番楽しみにしてるテーマです^^w
2006/05/13(土) 12:57 | URL | Gowo #-[ コメントの編集]
うれしい~な~^^そう言ってもらえると。
創作意欲が沸いてくるよ~。
あとのエピソードにはgowoちゃんもでてくるよん。
2006/05/18(木) 00:53 | URL | capura #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。